L.R.Baggs Anthem ピエゾとマイクのブレンド・一体型ミックスPU

L.R.Baggs Anthem

 

ピエゾ+マイクの利点と難点

 

ウッドベースとアコースティックベースの世界で思い知ったPU選びの難しさとそのセッティング地獄。力強く抜けの良い音+リアルな空気感やニュアンスを追求したくなるのがアコースティック楽器。となるとピエゾとマイクのブレンドを思い付くのは必然。

 

マイルド目なピエゾorマグネットPU+鋭いピエゾなんて組み合わせもありますが、リアルさを求めたらマイクにしたくなるもの。そこはやはり高性能なマイクに勝る存在はないでしょう。

 

一方、それやってるとシステムがどんどん複雑化していってしまうのが現実。2PUをブレンドするプリアンプはもちろん、物によってファンタム電源も必要になったり、両者を個別にセッティングしてベストな音を狙っていくなど、かなり大変になること間違いなし。

 

手間も予算も相当な覚悟が必要。正直、心折れるものがあった次第。

 

【Anthem】進化型のアコースティック用PU

 

オーダーメイドのアコースティックベースでお世話になったLR.BaggsのAnthem。これが本当、実にツボを心得たPUでしたね。今はこんな都合の良いものが出てるのかと驚かされました。

 

何が良いって、

 

『ピエゾ&マイク一体型』

 

外部機器を用意せずとも本体側でブレンド可能。音抜け重視だったらピエゾオンリー、もうちょっと空気感が欲しければマイクをブレンドなど、そんなセッティングを簡単に実現できます。足元を複雑にせずともOK。お手軽に操作できるメリットは半端じゃありません。

 

また、このブレンド具合にもしっかりコンセプトがあるのがAnthem。ピエゾオンリーにはできる一方、マイク100%にはできないのが大きな特徴。ここに実用性重視の姿勢を感じ取ることができます。

 

早い話が低音域を担当をするのは完全にピエゾ側の仕事。ハウリングのリスクを避ける為、マイクの方では低音を出さない仕様。恐らくセッティングの複雑化を避ける意味もあるのでしょう。直感的にパパッと使うには確かにこちらの方が正解な印象。

 

あえて選択肢を削ることでこのPUならではの扱いやすさとオリジナリティが生まれるのだから面白い。薄味な多機能&便利屋を目指すのではなく『使える音出してナンボ』ってのがナイス。

 

L.R.Baggs Anthem

L.R.Baggs Anthem

 

より特化させるならLyricとElement

 

確かなコンセプトを備えたシステムである一方、完全リアル方向に特化させるにはちと物足りない感もあるAnthem。「やっぱりマイク100%が良い!」となると痒いところに手が出なくなるのも否定できないところ。

 

だったらもうその狙いまんまにマイクだけにしちゃうのが一番。ピエゾが大嫌い、そんな大音量も出さないってことであれば【Lyric】の方がより的確にハマるはず。

 

LR.Baggsの良いところは見た目の違和感がほぼ存在しないこと。ジャックの加工は必要になりますが、内蔵してしまえばごく自然でアコースティック楽器の美しさを損なわないのが見事。その道のプロに任せればこんな安心なことはありません。

 

とにかく生の音を出したいってことであればまず思い付くのはこのPU。と言うかこのマイク。人によってはAnthemを凌ぐ存在にもなるはず。

 

L.R.Baggs Lyric

L.R.Baggs Lyric

 

「Anthemは高い!」「マイクは別に要らん!」「マグネットPUも違う!」「小細工なしのエレアコサウンドで行きたい!」ってことなら【Element】

 

安くなるから質が低いかってそうではなし。Anthemのピエゾに使用されているのが実はこのElement。よりシンプルで分かりやすいPUが欲しいならむしろこっち。必要悪と言っちゃうと言葉が悪いですが、カツーン!と音を前に出したいならやっぱりピエゾオンリーが強い。

 

アクティブなこともあり想像以上にパワフル。パンチのあるエレアコを求めるならこっちの方がより的確な感強し。

 

L.R.Baggs Element Active System

L.R.Baggs Element Active System

 

PU選びなんかとっとと終わらせたい 

 

アコースティックメインじゃない人間的に強烈に思ったのは、

 

「めんどくせぇ!」 

 

理想の音を追求するとなるとPU選びもセッティングもま~面倒なことこの上なし。

 

前述したElementとLyricを独立して搭載させてみたいなんて考えたこともありますが、改造するのも一筋縄じゃいかなそうだし、凝ったプリアンプも必要になるだろうし、相当かかるだろう手間と出費を計算していったら心が折れてしまいました。

 

だから本当、Anthemってのはよく分かってる製品だと納得しちゃいますよね。膨大で複雑になるシステムをコンパクトに凝縮、見た目にも違和感なく仕上げるって相当すごいこと。ちと値が張るのも確かですが、気に入ればこれ以上ないぐらいの威力を発揮してくれるはず。

 

自分としてはもっとベースの帯域に合わせたバージョンも作ってほしいところですが、ギターだったらまず問題ないでしょう。特化した方向性、まったく別の特性が欲しいなら他の物に任せればいいし、ピエゾとマイクのオールインワンを目論むなら最初に候補に入れておきたい存在です。

 

「ピエゾとマイクをブレンドしたい!」

「でも揃えるのが大変・・」

「扱いもめんどくさそう・・」

「何が良いかも分からない・・」

 

こんな風にあ~だこ~だと悩むならAnthem使っちゃうのが手っ取り早い。PU選びなんかとっとと終わらせてさっさと音出せちゃうのが一番。それがよく分かってるこその一体型自信作だと納得。

 

L.R.Baggs Anthem

L.R.Baggs Anthem

 

 

【関連&おすすめ記事】 

kakkee-gt.hatenablog.com

 

kakkee-gt.hatenablog.com

 

kakkee-gt.hatenablog.com

 

kakkee-gt.hatenablog.com

 

kakkee-gt.hatenablog.com